民泊を始める方に和のインテリア「カーテン侍シリーズ」桐文

紫部屋400

民泊を始める方に、また和のインテリアを楽しみたい方に「和ノインテリアシリーズ」を提案をしています。留袖の着物に帯と家紋をつけた特許出願商品の「カーテン侍」シリーズを紹介します。洋室の窓「侍カーテン」にかけるだけで和の演出ができます。

在庫柄より今回は「桐文」の紹介をいたします。

青葵

青k

 

 

 

 

 

 

 

橘薄紫

桐薄紫

桐文:5月6月に紫色の花を咲かせる桐だが、文様としての桐は、その季節感とは離れたところにある。それは皇帝を象徴する鳳凰は桐の木に棲み、竹の実を食べると中国より伝わったことから、桐は後期なものとされ、天皇の紋章としての桐紋は菊とともに本来、皇室専門のものだった。

 

それが一説によれば足利尊氏に下賜され、有名なところでは豊臣秀吉に与えられ、さらに彼等が家臣に与えと、家紋としての桐紋は広がり、多様になったようだ。

衣裳としての桐文も、鳳凰と組み合わせれば吉祥文として季節を問わず、桐だけであってもある種の格とめでたさを表象して、季節に関わりなく用いられる。

出典:きもの文様図鑑