ブログ

情報サイト「サクセスインテリア」に「民泊AirBnBはビジァルで選ばれる」掲載

インテリアで自立する人をサポートする情報サイト「サクセス!インテリア」に
http://success-interior.jp

Air BnBはインテリアコーディネーターの腕の見せ場!民泊はビジュアルで選ばれる?が5月27日号に掲載されました。

掲題の記事、
http://success-interior.jp/air-bnb/

打掛のベッドルーム

Air BnB(エアービーアンドビー)という名称を聞いたことがありますか?テレビなどで話題の、インターネット上の「民泊」仲介プラットフォームですが、このWebページで重要なのが実はインテリアの写真なのです。その理由とは?

Air BnB(エアービーアンドビー)はアメリカでスタートしたサービスですが、2014年に日本法人が設立されてからは、日本国内での利用者が急増しているようです。そして利用者の9割以上は外国人であるとのこと。
一方、部屋を貸す側(ホスト)は賃貸マンションだったり、雑居ビルの一室だったり、投資用に購入された分譲マンションだったりと様々です。
実は僕もよく知らなくて、「民泊」というと、外国人がとにかく安く泊まれる簡易な宿泊施設、というイメージがあったのですが、Air BnBのサイトを見てびっくりしました。
宿泊施設の写真が多数公開されていますが、それぞれに趣向を凝らしていて、かっこいいインテリアの部屋がいっぱいあるんですね。

そのAir BnB(エアービーアンドビー)用の部屋を最近コーディネートされたという株式会社メリーポピンズの中山瑞穂さん(日本フリーランスコーディネーター協会理事)にお話を伺いました。

― Air BnB(エアービーアンドビー)用の部屋をインテリアコーディネートされたきっかけは?

中山:中小企業化同友会で以前から懇意にしている方から、所有するマンションをAir BnB(エアービーアンドビー)用にしたいのでインテリアを手がけてほしい、と依頼をいただいたんです。

― どんなテイストでインテリアコーディネートしてほしい、というようなリクエストはあったんでしょうか?

中山:「全面的にお任せする」と言っていただきましたので、メインターゲットである外国からのお客様に、日本の魅力を感じてもらえるような設えにすることを心掛けました。それが、こちらです。

打掛をあでやかにあしらったベッドルーム

― これはものすごいインパクトです!

中山:外国人向けですから、華やかな着物をベッドヘッドに掛けて日本の美を感じて欲しいと思いました。

― 壁面に飾られているのは本物の着物でしょうか?

中山:はい。花嫁衣装として使われた正絹の打掛です。

飾られている打掛のアップ

― となると相当に高価なものですよね?

中山:実はそうでもありません。中古のものを探せば、思いのほか安く入手できるんですよ。

― 中山さんは着物も趣味にされていらっしゃるので、目利きもできるということですね。

中山:はい。着物が大好きなので、着物を使ったインテリアコーディネートをいつかやってみたいと思っていましたが、今回それが叶いました。それに、着物を使った製品も開発したんですよ。それがこちらです。

着物生地を利用したカーテン

― これは着物の生地で作ったカーテンでしょうか?

中山:そうです。生地には、結婚式の時にお母様やご親戚の女性がお召しになる付け下げという着物をつかっています。カーテンの上部と紐に紫の布をつけました。また、上部の布には中央に紋を入れています。
この製品のポイントは着物生地であることの他にもう一つあるんです。飾りにつけた紐を引き上げて縛ることで、このようにできるんです。

飾りの紐は実用にもなっている。

― これは和風のバルーンシェードのようですね!

中山:このように加工したカーテンはたぶん他にはないと思います。なので、着物や和柄を用いたオリジナルデザインのカーテンとして特許を出願しています。今回、別デザインのものも作ったので部屋ごとに雰囲気を変えてコーディネートしてみました。

これは吐き出し窓用に使える几帳カーテン。

こちらも飾り紐を使ってカーテンを引き開けることができる。

― こちらは古(いにしえ)の御几帳のようですね。

中山:はい、その名も几帳カーテンです。

― 今回、Air BnB(エアービーアンドビー)の部屋のインテリアコーディネートを手がけられていかがでしたか?

中山:私は和のテイストが大好きなのですが、実際に取り入れたお仕事はなかなかありませんでした。なので、CGで楽しんでいたのですが、今回のAir BnB(エアービーアンドビー)は外国の方向けということで、趣味全開のお仕事ができてとても楽しかったです。

中山さんがCGで作ったジャパネスクなインテリア。 ※3DインテリアデザイナーNeoを使用。

こちらのお部屋はまだオープンしたばかりですが、利用されたお客様の評判次第ではシリーズ化も考えられますね。東京や大阪、福岡など、海外からの旅行者が増加している地域では宿泊施設が足りないという声を聞きますから、Air BnB(エアービーアンドビー)のような民泊は今後増えていくでしょう。そして、どの部屋を選ぶかはWeb上のインテリア写真が重要な選択基準になりますから、私たちインテリアコーディネーターが腕をふるう場の一つだと思います。

― 本日はありがとうございました。

(写真提供:株式会社メリーポピンズ 文:編集部 西脇 功)

 

3Dパース N邸和室

400中澤邸和室文字

 

 

 

 

 

 

 

1階の 南向きの日当たりのいい和室は接客の部屋や来客時の宿泊に使います。入口近くの押入れの下は4分1程度を空洞にし、箱庭をつくります。白の玉砂利を敷いて壁に竹の柵を貼ります。盆栽や小さな灯篭を置いて雰囲気作りを。上部は立て格子の扉の押入れです。横の観音開きの扉の奥にはお仏壇が収納されています。

畳は正方形の琉球畳。壁は聚楽の塗り壁です。白木の机と座卓を4台置きます。手前に置き床を置いて1輪刺しの花と掛け軸を飾ります。

 

N邸 ベットルームプラン1

400なか中澤邸寝室ベランダ側緑

400なか中澤邸寝室入口2

 

 

 

 

 

 

・ベットヘット側:ベットヘットの左に窓がありますが ベットを挟んで右にも窓のある想定で白のカーテンと帯の飾り天井からバランス(前飾り)を下げて空間の演出をします。

ベットヘット中央にはタイルを張って下からアッパーライトで(ライトの上は半透明プラスチュクでカバー)タイルの陰影を楽しみます。就寝時にはこのライトだけをつけて。目に優しい照明となります。

 

・収納は3ブロックにわけます。両側は収納。中央はTVスペースです。

収納扉は6枚の引違扉で中央の2枚を開くとTVがでてきます。

・掃き出し窓:現在腰高窓を掃き出し窓に変更。椅子と机を置いて中庭を眺めながらワインを楽しむスペースを作ります。

 

 

 

 

 

 

3Dムービー グリーンのLDKを歩いてみました。

3Dムービー グリーンのLDKを歩いてみました。リビングに入ると正面には全開できる折れ戸式の掃き出し窓になっていました。壁は濃いグリーン、窓枠、廻縁、巾木は白で統一され、グリーンと白のコントラストがきいています。

左側のリビングは大きく空いた窓にTVが置かれています。森の景色が背景にみえます。光のまぶしい時や夜には電動の遮光スクリーンが下りてきます。TVの両サイドには白の陶器のランプシエードが置かれています。白のソファーにはグリーンのクッションが並んでいます。

ダイニングに移りましょう。ダイニングテーブルはガラスです。グリーンの馬蹄模様のランチョンマットが並べられ、観葉植物と蝋燭が置かれています。椅子にはお揃いグリーンの馬蹄模様のクッションが置かれています。出窓にはボイルのシエードが掛けられています。

キッチンはグリーンアイランドキッチンです。娘さんが前からお母さんの料理のお手伝いをしています。

文字ss緑のキッチン

3dムービー 郊外のうどん屋さんを歩いてみました。

3dムービーで郊外のうどん屋さんを紹介しています。

カウンターには注文のうどんが置かれています。床はフローリング。椅子は、背もたれが立て格子の白木、座面は淡い緑で統一されています。

入口のレジには生け花が置かれ絵画が掛けられています。椅子席を1周します。壁側にはソファーの長椅子が置かれ、テーブルが5台と椅子が対面に置かれています。中央には4人掛けのテーブル席が2組あります。奥の部屋には、4人掛けのテーブル席が4組あります。壁にはメニューの木札とおすすめのうどんの写真が掛けられています。

400表うどん

 

3Dムービー 桜の花ある和室を歩いてみました。

3Dムービーで桜の花のある和室を歩いてみました。

部屋に入ると鶴と花の日本画が壁に掛けられています。壁は淡い抹茶色です。テレビの前には赤の毛氈が敷かれ、黒漆の和の長椅子と1人掛けの椅子、和のテーブルにはお茶の用意がされています。窓側には同じアイテムの和の2人用のテーブルと椅子が置かれ、こちらにはお食事の用意もできました。

部屋のコーナーには、桜の鉢植えを置きます。窓には几帳をイメージした桜色のシエードがかかっています。ベットに目をやると赤のベットカバーが掛けられたベットが2台、ベットヘッドには金屏風を置いて華やかさを演出します。

400陳さん和の部屋.テーブル側から2 (2)

3Dパース 和シリーズ 桜の花ある部屋

3Dパースで桜の花ある和風の部屋の紹介をしています。ワイイルームマンションの1室です。壁は抹茶色、床はフローリング敷です。黒枠のベットに赤のベットカバーをかけます。ベットヘットには金屏風、ベットの両わきには和のスタンドを置きます。

リビングコーナー側には赤の毛氈を敷きます。黒の和風のベンチと椅子、丸形の和風テーブルを、正面にTVを置きます。

窓側にはリビングとお揃いの少し座面の高い椅子を2台と黒のテーブルをおきます。窓には几帳風の桃色のカーテンをかけます。コーナーに桜の花の鉢植えを置いて桜の花ある和風の部屋の完成です。

400陳さん和の部屋.テーブル側から2 (2)

3Dムービー 森のチャペルを歩いてみました。

3Dムービーで森のチャペルを歩いてみました。チャペルに入ると中央のバージンロードには花柄に縁取りされたサンゴ色のカーペットが敷かれています。左右には白の6人掛けの参列者の席が84席設けられています。両端の椅子にはブーケが飾られています。大きく空いた窓から森の景色が見えます。

正面左のピアノの前を通り過ぎ、祭壇に上がってみます。祭壇の後ろのアーチの窓からも森の景色が見えます。右に3つ並んだ聖歌隊の楽譜台の前を通り抜けて、バージンロードから正面扉に向かいます。白の椅子が整然と並んでいます。白の大きな扉の両サイドには三角のデザイン窓がシンメトリーに配置されています。

400チャペル (2)

3Dパース ブライダルシリーズ 森のチャペル

3Dパースでブライダルシリーズとして 森のチャペルのブライダル用のインテリアを紹介しています。

天井中央はアーチ型でシャンデリアは並んでいます。天井は虹色の空が広がっています。参列者の椅子は白6人掛けです。両側に7列ずつ84人が座れます。椅子の端には花束が飾られています。回廊に続く、両側の大きく空いた窓は飾り縁で装飾され、そこから森の景色が見えます。中央の通路には花柄で縁取りされたサンゴ色の長い絨毯が敷かれています。

正面中央3段上がったところに祭壇が置かれています。後ろには大きく空いたアーチ型の窓が3個並んで、森の景色を映し出しています。正面左には白のピアノ、右にはコーラスの楽譜台が3台置かれています。正面の4本の飾り柱の上にも花束が飾られチャペルに華やかさを演出します。

400チャペル (2)