ブログ

高齢者の入浴中の事故が増えています。

高齢者の入浴中の事故が増えています。

(平成25年2月3日報知新聞より)

 

入浴中の急死1万7000人 80歳以上が6割

高齢者が自宅などで入浴中に意識障害を起こしておぼれたり、脳卒中や心筋梗塞を発症したりして急死するとされる「入浴関連死」が、全国で年間17000人に上るとの推計を

東京都健康長寿医療センター研究所が2日までにまとめた。

 

入浴中の急死は冬場に多発。温度差による血圧の急激な変化が原因と指摘されるが、実態はよく分かっていない。熱中症も原因の1つと言われており、厚生労働省は、具体的な

発症要因を探り防止対策に繋げようと実態把握を進める方針だ。

「あったカお風呂あったカーテン」は「お風呂場が冷えにくい」機能を生かし高齢者の浴室内の事故防止に貢献します。

 

 

新商品「あったカお風呂あったかカーテン」

冬場のお風呂内の暖かさを保温し入浴中のシルエットを映さない安心でエコなお風呂のカーテン。「あったカお風呂あったカーテン」を新発売します。

今までの「風呂窓用遮影カーテン」の入浴中のシルエットが映らない機能は勿論、冬季の浴室内が暖かという特徴をこの冬に向かって出していきます。プラス公共用に防炎加工を加えたアイテムも加わります。

高齢者の入浴中の 事故が増加し 入浴中の急死は冬場に多発しており、 冬のお風呂の寒さを解消し、事故防止に貢献 できる商品です。