ブログ

民泊を始める人に「和のインテリア・帯のタペストリー」鳳凰

%e5%b8%af%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%9a%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc

%e9%b3%b3%e5%87%b0%e3%81%ae%e8%88%9e

%e9%8a%85%e8%b3%9e%e5%8f%97%e8%b3%9e

%e9%b3%b3%e5%87%b0%e7%99%bd%e9%8a%80-2

%e5%af%be%e9%b3%b3%e5%87%b0%e9%9d%92

 

 

民泊を始める方に、また和のインテリアを楽しみたい方に「和のインテリアシリーズ」を提案をしています。

日本の帯や着物の柄は美しくしれをインテリアに取り入れたいとズーと思ってきました。帯で創るタペストリーを紹介します。ただ帯を飾るのではなく、帯の後ろに共布を重ね帯を一段と引き立たせた作品です。白地と金箔に鴇色の鳳凰が舞っている帯に鴇色の布を重ねた帯のタペストリー。こちらはJAPANTEX2016において「プロが選ぶお薦め商材コンテスト」銅賞受賞した作品です。

着物や帯の美しい柄はそれぞれ呼び名や意味があります。それを在庫柄の中から紹介していきたいと思います。今回は鳳凰文です。

鳳凰文:鳳凰は中国の古代伝説によれば、有徳の天子の下、天下治まれば現れる瑞鳥とされる。鶏や孔雀、獣を合体させた架空の鳥で、優美な姿態が吉祥性を高める。正倉院御物にも鳳凰文は見られる。平安時代になっても大切な文様とされ「桐竹鳳凰文」は天皇が重要儀式のときに召す袍の文様とされてきた。江戸時代になっても優雅な吉祥文として人気は高く、ことに女性に愛好され現在に続いている。

出典:きもの文様図鑑

民泊を始める方に「打ち掛け・和のインテリアシリーズ」鶴

%e9%b6%b4%e9%87%91%e9%8a%802 %ef%bc%99%ef%bc%90%ef%bc%90%e6%89%93%e3%81%a1%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%89  %e9%b6%b4%e4%b8%b8%e6%96%87%e6%a7%98 %e9%b6%b4%e7%b4%85 %e9%b6%b4%e6%a9%99 %e9%b6%b4%e9%bb%92

民泊を始める方に、また和のインテリアを楽しみたい方に「和のインテリアシリーズ」を提案をしています。

日本の帯や着物の柄は美しくしれをインテリアに取り入れたいとズーと思ってきました。打ち掛けの着物は美しい刺繍が施されていますが、今回ベッドヘッドに掛ける事で「和のインテリア」を提案しています。

着物や帯の美しい柄はそれぞれ呼び名や意味があります。それを在庫柄の中から紹介していきたいと思います。今回は鶴文です。

鶴文:古来、鶴は日本人の心情にぴたりと寄り添う鳥であった。立ち姿も飛び交う姿も優雅で気品があり、穏やかな性格、そして長寿の瑞鳥であった。オリエントで生まれた「花喰い鳥文」が、鳩やオウムまたは異国の鳥であったが、平安時代に和風化された鳥は鶴、くわえる枝や真珠、リボンが松となって定着したのも、身近に第一等の鳥としてあったのが鶴だったからだろう。したがって鶴は基本的に吉祥、瑞祥を表すモチーフであり、鶴亀の組み合わせ、松竹梅鶴亀、また蓬莱山文の要素としてなど、喜び、品位を象徴する文様となる。

出典:きもの文様図鑑

民泊を始める方に「和のインテリアシリーズ」竹文・笹文

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%e7%94%a8ss%e5%92%8c%e5%ae%a4%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8

日本の帯や着物の柄は美しくしれをインテリアに取り入れたいとズーと思ってきました。そこから、留袖の着物に帯と家紋をつけた特許出願商品の「カーテン侍」シリーズを7月に新発売し、JAPANTEX2016で展示いたしました。出展品の中で「帯のタペストリー」は銅賞を受賞することができました。

洋室の窓「侍カーテン」にかけるだけで和の演出ができます。民泊を始める方に、また和のインテリアを楽しみたい方に「和のインテリアシリーズ」を提案をしています。

着物や帯の美しい柄はそれぞれ呼び名や意味があります。それを在庫柄の中から紹介していきたいと思っています。

留袖柄は青々とした竹林が鮮やかに刺繍されています。

90%ef%bc%90%e7%ab%b9%e6%9e%97

 

今回は「笹文」「竹文」を紹介します。

「笹文」「竹文」:松竹梅がそろった文様は吉祥文だが、竹だけでも、真っすぐで堅く、中は空で隠すことなく、常に緑で群生するところから、笹と共に清和の証として文様に用いられてきた。種類も多く、笹や竹単独での意匠や、雪をかぶった雪持ち文、雀や虎との組み合わせなどがある。

出典:きもの文様図鑑

民泊を始める方に「和のインテリアシリーズ」菱文

800%e9%99%b3%e3%81%95%e3%82%93%e5%92%8c%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%b1%8b2-2

 

日本の帯や着物の柄は美しくしれをインテリアに取り入れたいとズーと思ってきました。そこから、留袖の着物に帯と家紋をつけた特許出願商品の「カーテン侍」シリーズを7月に新発売し、JAPANTEX2016で展示いたしました。出展品の中で「帯のタペストリー」は銅賞を受賞することができました。

洋室の窓「侍カーテン」にかけるだけで和の演出ができます。民泊を始める方に、また和のインテリアを楽しみたい方に「和のインテリアシリーズ」を提案をしています。

着物や帯の美しい柄はそれぞれ呼び名や意味があります。それを在庫柄の中から紹介していきたいと思っています。

本日は「カーテン侍」シリーズから「菱文」の紹介をします。

90%ef%bc%90%e5%af%bf%e8%8f%b1%e5%bd%a2%e6%9c%b1%e5%94%90%e7%b4%8b%e6%a7%98

菱文:右斜め、左斜めの平行線が交差したところにできる形が菱形。ひな祭りの菱餅の形である。菱文は縄文時代から土器に刻まれていて、まさに自然発生的に生じた幾何学文であろう。後に菱文と名がついたのは、その形が菱の実に似ているから。平安時代に装束の文様として菱形は展開され、菱の中を四つ割りにした「幸菱」平行線を三重にして襷にみたてた「三重襷」などが有識文としてある。菱文は平行線が続く連続文様を基本にしているが、一個の菱形だけでも成り立ち、さらには動植物の文様を菱形に意匠した形も出てくるなど、その形態種類は限りない。幾何学文ゆえ、基本的には季節に関わりなく用いる。

出典:きもの文様図鑑

 

3dパース講座開催しました。

img_3300

12月13日にメガソフト様の東京事務所でロイヤルインテリア様の社員さんをお招きして3Dパース講座を開催しました。3DマイホームデザイナーPRO9のソフトを使って制作しました。織り上げ天井にコーブ照明が簡単に入るのに感激してくださいました。

皆さん力作揃いです。

img_3279 img_3280 img_3282 img_3283 img_3284 img_3285 img_3286 img_3288 img_3291 img_3292 img_3293 img_3294 img_3295 img_3296 img_3297

 

 

民泊を始める方に和のインテリア「侍シリーズ」雲文

900付け下げカーテン閉じる900付け下げカーテン開く

民泊を始める方に、また和のインテリアを楽しみたい方に「和ノインテリアシリーズ」を提案をしています。留袖の着物に帯と家紋をつけた特許出願商品の「カーテン侍」シリーズを紹介します。洋室の窓「侍カーテン」にかけるだけで和の演出ができます。写真 は開いた 場面と閉じた場面です。

在庫柄より今回は「雲文」の着物紹介をいたします。

こちらは紺の付け下げで山華にかかる雲が美しく描かれています。

雲文:中国の神山思想 を受け継いだ瑞雲と、自然の一添景としての雲との、二種類がある。前者を日本では霊芝雲と呼ぶ。霊芝とはサルノコシカケに似た茸で、薬でもあるが、この形に似た模様なのでつけられた名前であろう。一方で平安時代、雲の自然な姿を写した横になびく形の雲文が現れる。瑞祥の意味はなく、むしろ画図構成の上で雲文が巧みに活用されたのは「源氏物語絵巻」などの見られるとおりであり、この種の雲文を俗に「源氏雲」と呼ぶ。

出典:きもの文様図鑑

青華山

青華山

 

民泊を始める方に和のインテリア「カーテン侍シリーズ」桐文

紫部屋400

民泊を始める方に、また和のインテリアを楽しみたい方に「和ノインテリアシリーズ」を提案をしています。留袖の着物に帯と家紋をつけた特許出願商品の「カーテン侍」シリーズを紹介します。洋室の窓「侍カーテン」にかけるだけで和の演出ができます。

在庫柄より今回は「桐文」の紹介をいたします。

青葵

青k

 

 

 

 

 

 

 

橘薄紫

桐薄紫

桐文:5月6月に紫色の花を咲かせる桐だが、文様としての桐は、その季節感とは離れたところにある。それは皇帝を象徴する鳳凰は桐の木に棲み、竹の実を食べると中国より伝わったことから、桐は後期なものとされ、天皇の紋章としての桐紋は菊とともに本来、皇室専門のものだった。

 

それが一説によれば足利尊氏に下賜され、有名なところでは豊臣秀吉に与えられ、さらに彼等が家臣に与えと、家紋としての桐紋は広がり、多様になったようだ。

衣裳としての桐文も、鳳凰と組み合わせれば吉祥文として季節を問わず、桐だけであってもある種の格とめでたさを表象して、季節に関わりなく用いられる。

出典:きもの文様図鑑